妊娠中の肌に優しい

2018年3月13日 / 未分類

妊活中には食事の内容にも気を配りますが、よく飲むお茶の成分も、気になる方が多いのではないでしょうか。普通、妊活中の方が良く飲むお茶としては、ルイボスティー・タンポポ茶の二つのお茶を良く耳にします。これらのお茶はカフェインが入っていません。いつ赤ちゃんを授かっても不思議ではない女性にも、赤ちゃんにとっても優しいお茶で、妊活中に飲むのにぴったりだと言えますね。ルイボスティーの常飲は、貧血予防になると言われていますので、妊活が終わった後も、飲み続けたいお茶だと言えます。妊娠前から妊娠3ヶ月の妊娠初期において、葉酸の摂取が必須です。では、この期間を過ぎた妊婦に葉酸が必要ないのでしょうか。実際にはそんなことはありません。葉酸の持つ効果の中で最も重要な、胎児の先天性異常に対する発症リスクを低減してくれるという効果のみに注目した場合、先に述べた妊娠初期という摂取時期が大切な期間という訳です。なのでこの期間での摂取を、特に心掛ける必要があるという訳です。ビタミンB群のひとつである葉酸は、代表的なものですと、ホウレンソウやブロッコリーに多く含まれています。葉酸は、妊娠初期に特に重要となる栄養素です。それは適切な摂取によって、胎児の先天的な障害を負うリスクを下げて健康な成長を促す効果がある為です。また、流産といった危険性を下げてくれるとの研究成果が出ています。厚生労働省が推奨する葉酸の摂取量ですが、妊娠初期の場合は400μg(一日当たり)の葉酸を摂ることが良いとされていますので、葉酸サプリで摂取するのも問題ありません。

妊娠中 優しい 化粧品

なかなか妊娠できないという人は、基礎体温計測から始めてみましょう。簡単すぎるようですが、基礎体温の推移を見れば女性の体の状態がある程度推測でき、妊娠につながる対策を講じることもできるのです。基礎体温計は小数点以下2ケタまで測れます。毎日、起床時に体温を測るというルールもあるので、それに従って毎日続けるのが大事です。一日忘れても根気よく続けていきましょう。妊娠のひと月前から妊娠初期の、胎児の成長初期段階において大変重要な働きをする栄養素が、葉酸です。胎内で元気な赤ちゃんを健やかに育てるために、サプリメント等で葉酸を摂取し、日々の生活に葉酸を取り入れることをお勧めします。さて、厚生労働省による理想的な一日の摂取量ですが、一日当たり0.4mgと発表されています。野菜だけで補おうとすると大変だと思います。葉酸サプリで補給するのが良いと思います。2人目が欲しかったので早いうちから産婦人科に通いました。長女が生まれているので夫は夫婦二人での受診には消極的で、話を切り出しづらくて、生理周期は順調でしたが、通院でタイミング療法を受けることにしたんです。月に一度通い、一回3000円と手頃でしたが、即、妊娠できるというわけでもなく、時間が経つよりマシと思い、高価な葉酸サプリも買って飲みました。私の場合はそれが良かったのでしょう。それからしばらくしたら、赤ちゃんを授かることができて、これ以上待たなくて良いのだと思ったら気が楽になりました。妊活中の友達と話していた時、自然と葉酸の話になって、その中でもサプリについての話で盛り上がりました。ベルタが販売している葉酸サプリが良いんじゃないかと考えているようでした。友達はいつから飲むものなのか迷っていたのですが、私が葉酸は妊娠前からちゃんと摂った方が良いと雑誌で読んだことがあったので、友達にアドバイスしました。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る